移動平均線乖離率とは何か?見方や買いシグナル、売りシグナルとしての使い方を解説

知っておくと便利な株用語

今回は移動平均線、通称エンベロープについて解説します。

インジケーター(指標)の中でもかなり有名なものなのでこの機会に押さえておくと便利かと思います。

移動平均線乖離率とは何か?

移動平均線乖離率(エンベロープ)を示したチャート

移動平均線乖離率とは移動平均線を一定の割合で上下に乖離させ、バンド幅として表示したトレンド系指標です。

簡単にいうと、株価が移動平均線からどのくらい離れているかをみる指標のことです。

移動平均線乖離率は英語でエンベロープといいますが、これは封筒、筒状のものという意味で、これは上のチャートを見ていただけるとご理解いただけると思います。確かに青い線が筒状になっていますよね。

株価は移動平均線からある程度離れてしまうとまた戻ってくるという性質がありますが、移動平均線乖離率は、この性質を用いて株の値動きを予測するために利用されます。

移動平均線乖離率の見方

移動平均線乖離率の見方を解説する図

移動平均線乖離率の見方は意外と簡単です。

真ん中のオレンジの線、これは25日移動平均線です。そして上下にある青い線、これはこの移動平均線を上下にずらしたものです。上の画像では上下に10%ずつずらしていますが、他にも5%ずつずらした線がある場合があります。

移動平均線から分かること

移動平均線乖離率を見ることで、株価が移動平均線から何%程度離れているかが分かります。

そして先ほどお伝えしたように、株価は移動平均線から離れると移動平均線に近づいてくるという性質を持っているので、株価が移動平均線から大きく離れていればその分株価が移動平均線に近づいてくる可能性が高いということが分かるわけです。

移動平均線の使い方

移動平均線乖離率はもみ合い相場で売り買いのシグナルとして利用することができます。特に逆張りの指標として用いられることが多いです。

ただしトレンド相場では当てにならないことが多く、利用するのはリスクが高いことを押さえておきましょう。

買いシグナルとして使う

もみ合い相場で株価が下落し、移動平均線乖離率が5%または10%のラインを下回ったときに買います。5%か10%かの判断はもみ合い相場で、ロウソク足が、綺麗に収まる乖離率を基準にすると良いと思います。

この乖離率はあくまで目安で調整が必要です

上の画像、左は乖離率5%、右は10%です。どちらかというと左の5%の方が買いシグナルとして有効だと思います。10%に設定して少し分かりにくければ、乖離率の数字を弄って見ると良いと思います。

乖離率の調整を解説する図

トレーディングビューであればEnv(エンベロープ )というものを表示して、その数値をいじることで簡単に調整することができます。

売りシグナルとして使う

売りシグナルは買いシグナルの逆で、乖離率が上に触れたら一応売りシグナルとして見ることができると思います。ただ、完璧なもみ合い相場以外では通用しないので参考程度にしておきましょう。

目標株価や出来高などを見てまだ株価が上昇しそうかどうかを見極めることの方が重要です。

まとめ:移動平均線乖離率を使って株価を予測しよう!

  1. 移動平均線乖離率は株価が移動平均線からどのくらい離れているかをみる指標
  2. 株価が移動平均線から何%程度離れているかが分かる
  3. もみ合い相場では有効だが、トレンド相場では当てにならない
  4. 乖離率はあくまで目安で調整が必要

移動平均線乖離率について理解が深まったのではないでしょうか?指標は便利ですが、指標に頼った投資では勝ち続けることは困難です。指標に頼った投資が成功したのはそれらの指標が一般的に知れ渡る前ですから、ネットや本の情報を鵜呑みにして指標を過信しないように注意しましょう。

きちんと自分で考えて投資の判断をすることが何よりも大切です。

記事を通して少しでもお役に立てたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました